かきや内科 糖尿病・甲状腺クリニック

名古屋の糖尿病、甲状腺治療のかきや内科専門クリニック

〒464-0834 愛知県名古屋市千種区日岡町2-52
TEL 052-757-3456

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

糖尿病について

〚2型糖尿病〛

個人にあった糖尿病のオーダーメイド医療を目指しています
 
糖尿病は血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなる病気です。
体内で血糖を下げる唯一のホルモンがインスリンです。インスリンの作用が弱まると、血糖値が上昇し、糖尿病になります。
症状がなくても、放置すれば、確実に合併症を併発し、失明や腎不全をひきおこすことがわかっています。
そのため、できるだけ血糖値とHbA1cを下げることが重要とされてきました。
しかし八事日赤で診療にあたっていた時に、低血糖などの薬物の副作用や有害事象で入院される患者様を診察し、ただ血糖値を下げることが目的でなく、薬を適正に使用し、副作用を最小限におさえる必要性を痛感していました。
今年(2016年5月)の日本糖尿病学会で勧告があり、低血糖や認知症を防ぐために高齢者糖尿病の血糖コントロールの目標値が変更されました。
低血糖は、認知機能を障害するとともに、心筋梗塞や脳梗塞のリスクとなり得ます。
血糖コントロール目標は患者の特徴や健康状態:年齢、認知機能、身体機能、併発疾患、余命などを考慮して個別に設定する必要があります。
たくさんの薬をのまれ、有害作用が懸念される場合や、重篤な他の病気を治療されているリスクの高い患者様では、8.5%を目標とすることが許容されました。
極端な治療に走らず、相談しながら糖尿病を治療していきましょう。

 

〚1型糖尿病〛

1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病、小児期に起こることが多いため小児糖尿病とも呼ばれます)は、主に自己免疫によっておこる病気です。
生活習慣病でも、先天性の病気でもありません。糖尿病患者の95%を占める2型(成人型)糖尿病とは原因も治療の考え方も異なります。
あなたは何も悪くない、不幸な事故にあってしまった、後ろから追突され重傷を負ってしまったと説明しています。社会の理解も、まだ十分とはいえません。
1921年にインスリンが発見されるまで、1型糖尿病の患者さんは、診断されるとすぐに亡くなっていました。 インスリンが投与されると、やせ衰えて虚ろな目をしていた幼児が、みるみると元気になっていき、死の病であった糖尿病は克服されたと考えられました。
しかしインスリンが発見されて10年後の1930年代の初めに、下肢のしびれが多発するようになり、多くの患者さんはネフローゼと高血圧を呈するようになりました。寿命が延びたたことにより、糖尿病を十分にコントロールしないと、数年で慢性合併症が発症してしまうことが分かったのです。
この当時の血糖値、ましてヘモグロビンA1cがどれくらいだったかは知るよしもありませんが、おそらく10%は超えていたと思われます。この状態で10年経過すると、確実に合併症があらわれることが証明されたのです。

 

健康な成人のインスリン分泌の図
1型糖尿病
※画像クリックで拡大されます

これはインスリン分泌の図です。
健康成人では1食あたり約10単位のインスリンが分泌されます。また土台の部分を基礎分泌といい、約12-14単位が24時間かけて、分泌されています。
ノボラピッド朝10、昼10、夕10単位、眠前トレシーバ14単位の4回注射が1型糖尿病の基本的なインスリン治療となります。

 

フリースタイル リブレによる日内変動のグラフ
1型糖尿病
※画像クリックで拡大されます

この患者さんは、朝昼夕の食前にラピッドを10単位注射し、夕にランタスXRを14単位注射していました。
ランタスXRの効果で睡眠中から朝の血糖コントロールは良好でしたが、日中は、ずっと高血糖が続いていました。
24時間以上効果があるとされるランタスXRですが、この日内変動から、12時間しか効果が持続していないと考えられました。
日中の血糖を下げるために、朝にランタスXRを追加する方法をすすめています。

 

1型糖尿病
※画像クリックで拡大されます

ラピッドを10単位注射すると300mg/dlだった血糖値が100mg/dlまで下がってしまい、ラピッドはこれ以上増やせないと考えました。